Hearty Trivia

ウェディングにまつわる豆知識

サムシングフォー

Something Four

サムシング・フォー (Something Four:和製英語) は、結婚式における欧米の慣習。結婚式で花嫁が以下の4つのものを身につけると幸せになれるというもの。

Something Old

なにかひとつ古いもの

祖先、伝統などをあらわす。先祖代々伝わった、あるいは家族から譲られた宝飾品を当てるのが一般的だが母や祖母の結婚衣裳、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもある。

Something New

なにかひとつ新しもの

これから始まる新生活をあらわす。新調したものなら何でも良いが一般的には白いものを用意する。花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などをこれに当てることが多い。

Something Borrowed

なにかひとつ借りてきたもの

友人や隣人との縁をあらわす。幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から持ち物を借りることにより、その幸せにあやかる。ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的である。

Something Blue

なにかひとつ青いもの

聖母マリアのシンボルカラーである青、つまり純潔をあらわす。このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされており、白いガーターに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的である。

​Marriage Ring

​婚約指輪と結婚指輪。

婚約指輪

​婚約指輪にまつわるちょっとした豆知識

婚約指輪の意味

男性が婚約の記念に送る指輪。女性にとって婚約指輪は初めて男性から贈られる永遠の愛の証。指輪を受け取る瞬間は、結婚を意識した時にもっとも憧れるもののひとつだ。 
現在日本では婚約指輪も結婚指輪と同様、左手の薬指にはめるのが一般的です。
中には結婚するまでは右手の薬指にはめている人もいるようですが、厳密な正解はなく本人の自由。
左手の薬指は前述のように神聖な意味がある指だとされているため、結婚指輪と同じように婚約指輪も左手の薬指にはめるのが一般的です。

結婚指輪

​結婚指輪にまつわるちょっとした豆知識

結婚指輪の意味
結婚式の時に新郎新婦が指輪を交換するのは、夫婦として歩んで行く誓いを形に表すということ。
丸い結婚指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴するものとされています。
夫婦の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪です。

指輪の交換

どうして指輪を交換するようになったのでしょう

指輪の交換
9世紀頃当時のローマ教皇が、約束事を誓約する印である鉄の輪を結婚の誓いとして使いはじめたのが最初と言われています。
ヨーロッパから伝来してきた歴史のある習慣です。
ではどうして結婚指輪を左手の薬指にはめるのはなぜでしょう?
理由はギリシャ神話に由来があると言われ、古代ギリシャでは心臓は人間の感情を司る場所だとされていました。
そして左手の薬指は心臓に繋がる血管があると信じられていました。
ハートにつながる左手に指輪をはめることで相手の心を掴み、結婚の誓いをより強いものにするという意味があります。

Welcome Board & Doll

いろいろなデザインが出来てきたウェルカムボードとドール。お客様への心遣いがキラリと光る最初の2人からのオモテナシ。

ウェルカムボード

​結婚する2人からの初めてのオモテナシ

披露宴が始まる前の待合室や受付スペースで、ゲストが退屈しないように、そしてこれから始まるパーティへの期待を高めてもらい、ゲスト同士が仲良くなれるように…。そんな心づかいをカタチに。